初期設定

決算期の設定

まずは、サイドバーの「導入ガイド」>「決算予測の作成」をクリックします。

すると、決算予測の導入ガイドに移ります。導入ガイドにしたがって、設定を進めてください。

まずは、分析や予測をしたい決算期を設定します。決算期の作成から決算期を選択してください。なお、決算期として選択する年月は、決算が終了する年月を選択します。

進行期の会計データをインポート

次に、分析や予測をしたい会計期間の会計データをインポートします。インポートは3つのステップに分かれています。

Step1 インポートする推移データを作成

まずは、Manageeeにインポートするための推移データ(CSV形式)を用意します。

ご利用いただいている会計ソフトが「MFクラウド会計」であれば、エクスポートしたCSVをそのまま取り込むことができます。導入ガイドにしたがってMFクラウド会計から損益計算書の推移表をCSVでエクスポートしてください。 なお、MFクラウド会計以外の会計ソフトについては、画面右下の「その他会計ソフトのインポートcsvデータ作成はこちら」をご覧ください。

Step2 インポートするファイルを選択

Step1で作成したCSVファイルを選択します。

Step3 試算表が確定している年月を選択

最後に、インポートした推移表において、会計データが確定している年月を選択します。

この3つのStepが完了したら、「インポートする」ボタンをクリックします。これで、会計データがManageeeに取り込むことができます。

過年度の会計データをインポート

また、③でインポートした会計期間の前の期間の会計データを同じようにインポートします。こちらは2つのステップとなります。

Step1 インポートする推移データを作成

まずは、Manageeeにインポートするための推移データ(CSV形式)を用意します。こちらのデータは分析対象として取り込んだ期間の前の期間(12カ月分)をご用意ください。

Step2 インポートするファイルを選択

Step1で作成したCSVファイルを選択します。

変動費の設定

最後に変動費の設定を行います。

まずは、変動費と固定費について、簡単に説明します。

変動費とは、売上高の変動にともなって変化する費用で、一般的には仕入や広告宣伝費、アルバイトの給料など、売上が増えれば増えるようなコストが該当します。

固定費とは、売上高の変化しても増えたり減ったりしないような費用で、家賃や水道光熱費、リース料など、支払額の変動が売上高の増減に左右されるものでなかったり、毎月決まった額の支払を行うようなコストが該当します。

まずは、変動費設定画面を立ち上げます。

こちらの画面で、変動費に該当する費用にチェックをつけます。チェックを付けると、変動費率の箇所が編集可能となりますので、こちらで変動費率を変更することが可能です。